40代後半 出会い サークル:その心の中

40代後半 出会い サークル

こんにちは、皆さん。ある日、私は鏡の前に立ち、自分の顔をじっと見つめました。40代後半、さまざまな経験を積んできた私ですが、新しい出会いや人間関係に関する悩みや不安は、若いころと変わらずに感じています。今日は、そんな私のリアルな心情をシェアしたいと思います。

新しい出会いの不足

私たちが学生時代、新しいクラス、新しいサークル、新しい趣味…あの頃の新しい出会いは日常の風景でした。それが、社会人となり、さらに40代に進むと、新しい出会いの機会はぐっと減少します。仕事と家の往復、日常のルーチンの中で、新しい人との交流の場は減少していく。この変化は、独身の私にとって、日々感じる不安や孤独感の一因となっています。

婚活疲れ

「自然な出会い」、それは多くの40代女性が望むものです。私もその一人。しかし、現実を直視すると、多くの出会いはマッチングアプリや結婚相談所といった、形式ばった場所でのものが増えています。そうした場所に足を運ぶ度に、私は自分の価値観や人生の選択を再確認し、何度も自分自身を疑問に感じることがあります。

婚活での立ち位置

40代という年齢は、婚活の現場においてはなかなか厳しいものがあります。統計を見ると、独身の人数が減少し、特に女性の場合、出産のタイムリミットなどから、選ばれることの難しさやプレッシャーを感じることが多いのです。私自身もその一人として、多くの悩みや不安を抱えています。

「おひとりさま」の不安

独身であることは、経済的、健康的な不安が伴うことが増えてきます。老後のこと、急な病気やケガ…そうした場面でのサポートが不足していることを強く感じます。そして、それは私だけの問題ではなく、多くの40代女性が共感する部分でしょう。

再び社会人サークルへの期待

入社したばかりの頃、私は新しい友人や伴侶を求めるため、そして新しい趣味や興味を追求するために社会人サークルに参加していました。その時の経験から、社会人サークルは出会いだけを目的とした場ではなく、多くの参加者が真剣に興味や情熱を持って活動していることを知っています。実際、独身証明の提出を求めるようなサークルもあったことを覚えていますが、それが示すように、こうしたサークルは単なる出会いの場とは違い、真の趣味や興味を共有する場としての役割を果たしていました。

数年の時を経て、再び社会人サークルに参加を考えており、その時の経験を踏まえつつ、新しい出会いを楽しみながら、自分の興味をさらに深めることができる場所を再度楽しみにしています。

40代女性の心のゆらぎ

40代に突入すると、仕事も落ち着き、人生の中盤を迎えることとなります。しかし、その一方で、身体の変化や社会のプレッシャー、そして独身であることの不安が重なり、時々心の中に「プチうつ」のようなものを感じることがあります。私だけではなく、多くの40代の女性が、この時期の心のゆらぎや生きづらさを感じていることでしょう。

社会人サークルへ行ってみて

私が社会人サークルで感じたことは、新しい出会いや友達作りはこんな身近な場所にあったんだ、という事です。

初めての場所、初めての人々。一歩踏み出す勇気を持って参加して良かったです。

中には相性の問題で合わない人もいれば、自分が本当に楽しめるかどうか不安もありましたが、アイエルは本当にアットホームな雰囲気でした。

疑問だったサークル活動には継続的な参加が求められるのか、ですが、参加したいイベントを見つけて申し込むだけだったので安心してスケジュールを組めました。居心地の良さや自分に合った場所を見つけるのは容易だなと感じたのです。

40代後半 出会い サークル:まとめ

40代後半の女性としての悩みや不安は、決して自分だけのものではありません。私たちの経験や感じることは、多くの人と共有できるもの。これからもこのブログを通じて、皆さんと一緒に悩みや不安を共有し、解決のヒントを見つけていけたらと思っています。